オリンピック2016、注目はこれだ!!!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリンピック、メダルなど注目はココね♬

夢をありがとう!!注目の競技、日本人選手などについて語ります♬

オリンピック【レスリング】金メダル〜川井梨紗子(女子63kg級)♬

<スポンサーリンク>


オリンピック級の選手には、みんな【物語】がある!?

 

登坂絵莉選手や土性沙羅選手がそうであったように、川井梨紗子選手も金メダル期待の選手であるにも関わらず、その名は知られていませんでした。

そして、登坂・土佐・伊調各選手同様、川井梨紗子選手にも、【物語】があるんです。

まず、生まれた環境が凄いんです。でも、それは以下の本文のなかで(笑)。

 

 

 

 

トップ選手としての宿命DNAで生まれた川井梨紗子!?

 

f:id:kanreki7:20160820131453j:plain

(画像出典:mainchi.jp)

 

 

簡単プロフィール♬

 

【川井梨紗子(かわいりさこ)】

  • UWWランキング:2位(58kg級、6月現在)
  • 生年月日:1994年11月21日(21歳)
  • 出身:石川県津幡町
  • 身長:160cm
  • 大学:至学館大学(旧・中京女子大学)在学中

 

はじめたきっかけから、リオ代表選出まで!? 

 

川井梨紗子選手、レスリングをやる絶好の環境で生を受けます。

 

父はグレコローマンの元学生チャンピョン。そして、母は1989年世界選手権53kg級出場して7位というレスリング一家です。

 

それでも、川井梨紗子選手がレスリングを始めたは、意外に遅いのです。つまり、両親が川井梨紗子選手にレスリングを強要することはなかったということです。

 

母は金沢ジュニアレスリングクラブでコーチを務めていますが、小学校2年次、川井梨紗子選手はレスリングを始めます。

 

そして、小学校6年次には、全国少年少女レスリング選手権大会33kg級で準優勝。いよいよDNA力発揮でしょうか!?

 

中学に進むと、全国中学生選手権52kg級で優勝、そして、お決まり(?)の至学館高校に進むと、全国高校女子選手権で優勝、さらには世界カデット選手権でも優勝。3年次では、全日本選抜に出場し、2回戦で元世界チャンプの山本美憂を破り、そして、優勝を飾ります。

 

さらに、お決まり(笑)の至学館大学に進学しても、各種大会で優勝する勢いは止まりません。そして、2015年12月の全日本レスリング選手権大会でいつもより1階級下の60kg級に出場し優勝、五輪代表に選出されます。 

 

_/_/

 

ところで、リオ五輪出場においては、川井梨紗子選手は、それまでの58kg級から、63kg級に階級変更をして戦います。

 

恐らく、伊調馨選手が63kg級から58kg級に変更した絡みでしょうか。

 

川井梨紗子選手は、2015年の大会途中から63kg級に変更して、それでも各種大会で優勝を重ねます。

 

川井梨紗子選手の一番の【物語】は、もしかしたら、この階級変更かもしれませんね。

 

 

<スポンサーリンク>
 

 

 

川井梨紗子、リオでの活躍状況は...

 

初戦の対戦相手は、モニカ・ミチャリク選手(ポーランド)。63kg級UWWランキング15位の選手で、ワールドカップ団体2位に貢献した選手です。

 

川井梨紗子選手はUWWランキング2位ですが、階級が58kg級ですから、単純比較はできません(-_-)。しかし、3-0で撃破します。

 

準々決勝の相手は、アナスタシヤ・グリゴリエワ選手(ラトビア)。63kg級UWWランキング3位で、欧州大会3位の強豪選手です。しかし、川井梨紗子選手、ひるむことなく、3-1で、連続撃破。

 

続く、準決勝の相手は、インナ・トラズコワ選手(ロシア)です。63kg級UWWランキング8位でグランマ国際大会2位の、これまた強豪選手です。でも、川井梨紗子選手の勢いは止まりません。4-0で、またしても撃破。決勝進出です。

 

_/_/

 

決勝の相手は、マリア・ママシュク選手(ベラルーシ)です。63kg級UWWランキング4位で、U-23欧州大会優勝者です。格上かもしれない相手に対し、果敢に攻めた川井梨紗子選手は、3-0の圧勝で金メダルを獲得しました♬

 

   

まとめ

 

金メダル獲得の女子レスリング4選手の決勝のなかでは、唯一、川井梨紗子選手の一戦が最初から最後まで安心して見ることができました!!

 

階級を変えて(しかも増やす!!)の金メダルですから、凄いの一言ですね。

 

レスリングのことはよくわからないのですから、どの階級を選ぶかというのは、かなり重要なファクターですね。

 

従来63kg級だった伊調馨選手が58kg級に変更してきたので、変更せざるを得えなかったのでしょうか...。

 

_/_/

 

ところで、

 

今回、金メダルを獲得した4選手のうち、登坂絵莉選手(22歳)、土性沙羅選手(21歳)、川井梨紗子選手(21歳)と3選手は若く、3連覇は狙える逸材かもしれません!!!

 

いずれにしても、この3選手については、東京大会での連覇が大いに期待できます♬

 

関連記事⇒