オリンピック2016、注目はこれだ!!!

オリンピック、メダルなど注目はココね♬

夢をありがとう!!注目の競技、日本人選手などについて語ります♬

オリンピック【レスリング】金メダル〜伊調馨(女子58kg級)〜史上初の4連覇♬

<スポンサーリンク>


3連覇した63kg級から58kg級に変えて4連覇を狙う!?

 

誰もが4連覇を信じて疑わなかった伊調馨選手。

ただ1つの懸念は、リオでは階級変更をしたということです。

それまでの3大会は63kg級で3連覇。今回のリオは58kg級です。

細かいことの一切は本文に譲るとして(笑)、金メダル獲得。

近代オリンピック史上女子選手初の個人種目4連覇を成し遂げたのです。

伊調馨選手、本当におめでとうございます!!!

 

 

 

 

いまさらながら伊調馨選手とは!?

 

 f:id:kanreki7:20160820082945j:plain

(画像出典:info22.xyz)

 

 

簡単プロフィール♬

 

【伊調馨(いちょうかおり)】

  • UWWランキング:1位(58kg級、6月現在)
  • 生年月日:1984年6月13日(32歳)
  • 出身:青森県八戸市
  • 身長:166cm
  • 大学:至学館大学(旧・中京女子大学)卒業
  • 会社:ALSOK

 

はじめたきっかけから、リオ代表選出まで!? 

 

レスリングをやっていた兄と姉の影響から、レスリングをはじめます。

 

その後、有力女子レスリング選手の定番ルート(?)である「至学館高校(旧・中京女子大学附属高校)⇒至学館大学(旧・中京女子大学)」へと進みます。

 

もともと56kg級でしたが、そのときにはライバルの吉田沙保里が大きな壁として立ちはだかり、その後、63kg級に階級をあげます。

 

それからは、63kg級では無敵の存在となります。この63kgから伊調馨の快進撃がはじまるのです。

 

_/_/

 

2004年のアテネ五輪では、姉千春の銀メダルに続き、金メダルを獲得。

2008年北京で連覇、2012年ロンドンで3連覇を達成します。

 

こう書くと簡単に「3連覇という偉業」がたった2行で終わってしまいますが、実は、北京からロンドンまでに大きなできごとがありました。それは...

 

北京五輪で、アテネ続く姉妹同時メダル獲得を果たした後、記者会見で姉妹同時に現役引退を発表したのです!!!

 

しかし、帰国後、姉妹揃って(!)引退撤回。おひおひ(笑)。

 

それでも、伊調馨選手は静養を兼ねて1年間のカナダ留学をして、2009年に復帰します。そして、2010年、3大会ぶりに出場した世界選手権で6度目の優勝。完全復帰ですね♬

 

そして、ロンドン五輪での3連覇と続くわけです...。

 

_/_/

 

ところで伊調馨選手というと、吉田沙保里選手同様、連勝記録があるんです。しかし、その連勝記録が、2016年1月29日の国際大会で途切れてしまうのです。189連勝でストップ。

 

リオでは、その後遺症が多少(いやいや、かなり...)心配されましたが...。

 

 

<スポンサーリンク>
 

 

 

伊調馨、リオでの活躍状況は...

 

4連覇を狙う選手の一番の問題は、対戦する相手が全員「打倒!伊調馨」で調査分析をし尽くして臨んでくるということです。

 

しかも、伊調馨のレジェンドレベルが高ければ高いほど、相手選手のモチベーションも高く強くなるという構造です。

 

そして、アウェイでは、レジェンドレベルが高ければ高いほど、相手選手に対する判官贔屓的応援が強くなったりします。

 

_/_/

 

初戦の相手も、準々決勝・準決勝の相手も、十分に伊調馨研究をしていたことは明らかです。反則視点では微妙なことを恐れず(?)、伊調馨選手がいやがることをやってましたから...。

 

_/_/

 

さて、決勝戦です。相手は、ワレリア・ジョロボア選手(ロシア)、UWWランキング7位です。

 

彼女も反則ぎりぎり戦術(?)できました。再三、伊調馨選手の髪の毛をひっぱってきたのです。それでも、会場のブーイングに負けずに、やり続けます(怒)。

 

第2ピリオド、残り2分、そして、残り1分となってもポイントは1−2で伊調馨選手が負けています。

 

残り30秒、残り20秒...もう誰もが4連覇は絶たれたと思ったことでしょう。

 

しかし、登坂絵莉選手に続き、またしても「奇跡の逆転劇」が起こるのです。

 

残り5秒で伊調馨選手が相手のタックルを受け止めがぶり体勢に。さらに相手の足を持ってバックに回り終了間際に2ポイントゲット!!!

 

これで3−2の大逆転です♬

 

 

まとめ

 

伊調馨選手が金メダルを獲得した瞬間、日本中の多くが、「伊調馨選手の4連覇」に意識が向かっていたと思います。

 

この少し前の登坂絵莉選手の金メダル獲得で「逆転劇」があったことは、「4連覇」で消し飛んでしまったかもしれません。

 

つまり、登坂絵莉・伊調馨と2選手続けて「逆転劇」が行われたことは、この時点では、それほど日本人の記憶には銘記されなかったのではないでしょうか。

 

そして、この後、土性沙羅選手も「逆転劇」を行うという「大奇跡」を我々は目にするのだということなど、この時点では誰も想像できませんから...。

 

_/_/

 

「逆転劇」3連発という「大奇跡」をまもなく私たちは目の当たりにするのです♬

 

関連記事⇒