オリンピック2016、注目はこれだ!!!

オリンピック、メダルなど注目はココね♬

夢をありがとう!!注目の競技、日本人選手などについて語ります♬

オリンピック【競泳】銀メダル〜萩野公介(200m個人メドレー)!!!

<スポンサーリンク>


萩野公介、リオでメダル3色ゲットです♬


競技初日の8/7(日本時間、以下同)、萩野公介選手は400m個人メドレーで金メダルをゲットします。

さらに、競技4日目の8/10には4×200mリレーで銅メダルをゲットします。

そして、迎えた6日目の8/12に200m個人メドレーを迎え、先行するフェルプス選手を捉えることはできませんでしたが、見事、銀メダルをゲットします。

_/_/

1つの大会で、個人で金・銀・銅をゲットする、素晴らしいです。

 

 

 

 

萩野公介選手、あらためてどんな人!?

 

f:id:kanreki7:20160807031738j:plain

(画像出典:drillspin.com)

 

簡単なプロフィール

 

  • 生年月日:1994年8月15日(21歳)
  • 出身:栃木県小山市
  • 身長:177cm
  • 体重:71kg
  • 所属:東洋大学(体育会水泳部)

 

 

21歳で2回目の五輪代表!!

 

小学校1年次、当時名古屋に住んでいた萩野公介少年は、地元スイミングスクールの入校条件が「4泳法ができること」だったので、必死にバタフライを練習しました。

 

のちに、萩野公介選手が語っていますが「名古屋時代がなければ今の自分はない」とのこと。

 

この名古屋のスイミングスクールでの経験が、のちの「和製フェルプス」をつくりあげたのです。

 

_/_/

 

作新学院高校に進学した萩野公介選手は、大活躍です。

 

2012年4月の日本選手権水泳競技大会では、400m個人メドレーで、日本新記録(高校日本新記録)を出し、ロンドン代表に選出されます。

 

そして、初出場のロンドンでは、みごと、同種目で銅メダルに輝きます。

 

_/_/

 

東洋大学に進学した荻野選手。国際試合でも優勝するなど、引き続きの活躍を続け、日本競泳男子のエースとなります。

 

2014年、仁川アジア大会では、なんと、金4個・銀1個・銅2個を獲得し、大会のMVPも獲得します。

 

_/_/

 

どんなところにも魔物が潜んでいるのでしょうか、飛ぶ鳥落とす勢いの萩野公介選手、2015年、自転車事故で右肘骨折し、2大会連続の五輪出場に暗雲が漂います。

 

しかし、見事復活し、2大会連続の五輪出場で、リオ大会に臨みます。

 

 

<スポンサーリンク>
 

 

 

 

決勝レースの展開は...

 

フェルプス選手(アメリカ)が「五輪金メダル最多獲得更新」を狙うレースです。

 

そういう状況のなかでも、憧れであったフェルプス選手との闘いに萩野公介選手が燃えないわけがありません。

 

_/_/

 

最初、萩野公介選手は抑え気味にレース展開をしていきます。

 

150mターンをした段階では、5位という状況でしたが、ラストの自由形で地力を爆発させます。

 

フェルプス選手には大きく先行されてしまいましたが、ラスト自由形の後半で驚異的な追い上げをして2位となり、そのまま逃げ切り。 

 

見事な銀メダルでした!!!

 

  

まとめ

 

今大会で3色のメダルを獲得した萩野公介選手。

 

日本選手のなかに瀬戸大也選手という優れた選手もいる環境です。そして、まだ21歳という若さです。

 

恐らく、東京で萩野公介選手のパフォーマンスは爆発するのではないでしょうか。

 

4年後が楽しみでなりません♬

 

関連記事⇒