オリンピック2016、注目はこれだ!!!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリンピック、メダルなど注目はココね♬

夢をありがとう!!注目の競技、日本人選手などについて語ります♬

オリンピック【柔道】銅メダル〜近藤亜美(女子48kg級)〜メダル獲得第1号

<スポンサーリンク>


日本勢、メダル獲得第1号がでました!!!

 

金メダルを逃した柔道48kg級、近藤亜美選手。

3位決定戦に進み、時間ギリギリに有効を取り、

見事、銅メダルを獲得しました。日本メダル第1号。

おめでとうございます。素敵な試合でした!!!

 

 

 

近藤亜美選手、優勝は逃すも...

 

f:id:kanreki7:20160806211356j:plain

(画像出典:sankei.com)

 

近藤亜美選手は、準決勝で、パウラ・パレート選手(アルゼンチン)に優勢で負けてしまいました。


これで、3位決定戦に進み、時間終了ギリギリで有効を取り、銅メダルに輝きました。

 

_/_/

 

また、近藤亜美選手のメダル第1号は、これからの日本選手団の闘いに大きな力を授けたことになります。


他の柔道選手や、他の競技の選手の活躍も大いに期待しています。

 

_/_/

 

それから、近藤亜美選手は、まだ21歳と若く、次の東京五輪でも大活躍が期待されます。

 

<スポンサーリンク>
 

 

 

金メダルでないと意味がない!?

 

日本人の感覚のなかには、それは選手も応援する一般人もという意味ですが、「柔道は金メダルでないと意味がない」というものがあるのかもしれません。

 

近藤亜美選手が、試合後、オリンピック3連覇の野村忠広さんからインタビューを受けたとき、涙ながらに、金を取れなかったことをわびました。

 

しかし、野村忠広さんは、銅メダルは素晴らしい旨のことをしっかりと近藤亜美選手に伝えていました。

 

試合を見ていて、金メダルを取れた選手と取れなかった選手の差は、ホント、ごくわずかしかないと感じています。

 

もう肉薄したレベルの選手同士の闘いです。そういう闘いに参加できていること自体がとても賞賛すべきものですし、そして、そのなかで堂々の3位ですから、素晴らしいとしか言いようがありません。

 

近藤亜美選手のなかにあるその「悔しさ」は、ぜひ、東京五輪につなげていただきたいです。

 

 

まとめ

 

近藤亜美選手は、試合前から金メダル期待選手とされていました。


繰り返しますが、トップ選手同士は、力が肉薄しています。誰が勝っても負けても不思議ではないレベル同士の闘い。


やはり、金メダルというのは、とても大変だということが良くわかります。


と同時に、銀、銅メダルも、とても素晴らしい成果だということもよくわかりました。

 

_/_/

 

近藤亜美選手、銅メダル獲得、おめでとうございます!!

 

関連記事⇒