オリンピック2016、注目はこれだ!!!

オリンピック、メダルなど注目はココね♬

夢をありがとう!!注目の競技、日本人選手などについて語ります♬

オリンピック【競泳】の日本人注目選手は!?

<スポンサーリンク>


メダル総数でロンドンを超えるには【競泳】が鍵となる!?

 

ロンドンオリンピックのメダル総数は38個。

うち、競泳が獲得したメダルが11個(29%)。

日本がメダル総数でロンドンを超えるには...

競泳でメダルをいくつ獲得できるかが、鍵です。

少なくとも、ロンドンと同数の11個必要ですが、

ロンドンでの競泳は出来すぎ感がありますので、

今大会で11個以上を獲得するのはかなり大変です。

 

 

 

【競泳】で金メダルが期待できる選手たち

 

直前の記事に書いたことを一部再掲します。

 

f:id:kanreki7:20160806222556j:plain

 

今回の大会で、競泳が獲得を期待できる金メダルは次のものです。

 

なお、以下は、『リオ五輪完全予想』(ダイヤモンド社)とグレースノート社の予想から抽出しました。 

 

<金メダル獲得予想>

  1. 女子200mバタフライ  星奈津美
  2. 女子200m平泳ぎ    金藤理絵
  3. 男子400m個人メドレー 萩野公介
  4. 男子200m平泳ぎ    小関也朱篤

 

次に、上記以外のメダル(銀・銅)予想です。

 

  • 銀・男子400m個人メドレー 瀬戸大也
  • 銅・男子200m背泳ぎ    入江陵介
  • 銅・男子4 ×100mメドレー   日本  

 

以上のことから、今大会では、マックスで、「金4、銀1、銅2の計7個」と予想をします。

 

これに池江璃花子選手(16歳)が大化けして、1〜2個加算できるかどうか...。

 

すなわち、メダル獲得総数で、日本がロンドン以上を実現するかどうかという観点では、競泳が足をひっぱるであろうと予想します。

 

だからこそ...金メダル獲得では貢献してもらいたいですね。

 

ロンドンでは金メダル0だった競泳が、今大会予想は4個ですから...。

 

 

<スポンサーリンク>
 

 

 

前述の金メダル獲得予想選手の情報♬

 

女子200mバタフライ 星奈津美(25歳)

f:id:kanreki7:20160807025123j:plain

(画像出典:www.uuna.info)

 

星奈津美選手は、ロンドン同種目で銅メダルを獲得しました。すなわち「2回目のオリンピック」となります。

 

実は、星奈津美選手のライバルは、長い間、この種目でトップに君臨してきた中国の2枚看板でしたが、その2人が引退しました。

 

つまり、今大会、星奈津美選手には、またとないチャンスが巡ってきたのです。

 

星奈津美選手については、解説者の田中雅美さんも、そして、コーチの平井伯昌さんも、心の強さには太鼓判を押しています。

 

  • 田中雅美「おっとりしているが、芯はものすごく強い」
  • 平井伯昌「羊の皮をかぶった狼」

 

最大のライバルは、世界選手権優勝相当の記録を出している、M・グローブス(オーストラリア)選手です。

 

星奈津美選手、その強いマインドで、M・グローブス選手らを撃破してもらいたいですね。

 

 

女子200m平泳ぎ 金藤理絵(かねとうりえ)(27歳)

f:id:kanreki7:20160807030017j:plain

(画像出典:tobiuojapan.org)


金藤理恵選手も、2008年の北京に引き続き、「2回目のオリンピック」となります。

 

北京のときには、同種目で7位入賞を果たしました。

 

今大会では、前述の星奈津美選手と同様、同種目で君臨してきたレベッカ・ソニ(アメリカ)選手が引退し、チャンスが巡ってきました。

 

最大のライバルは、ロンドン同種目で銅メダルを獲得したユリア・エフィモワ(ロシア)選手です。

 

 

男子400m個人メドレー 萩野公介(21歳)

f:id:kanreki7:20160807031738j:plain

(画像出典:drillspin.com)


萩野公介選手も、銅メダルを獲得したロンドン大会に引き続き、「2回目のオリンピック」です。


また、同種目では、ライバル瀬戸大也選手とワンツーフィニッシュの可能性が高いと言われています。

 

つまり、萩野公介選手にとって、同種目の最大のライバルは瀬戸大也選手なのです。

 

どちらが金を獲得するにしろ、日本勢のワンツーフィニッシュを期待したいところです。

 

なお、萩野公介選手は、男子200m自由形でもメダル獲得が期待されています。

 

 

男子200m平泳ぎ 小関也朱篤(24歳)

f:id:kanreki7:20160807032304j:plain

(画像出典:live.sportnavi.yahoo.co.jp)

 

小関也朱篤選手は、北島康介選手の夢を打ち砕き、4月の日本選手権で、100m、200mともに優勝しました。

 

完全な世代交代です。

 

そして、いままさに世界の世代交代を狙おうとしています。

 

最大のライバルは、同種目の二枚看板、M・コッホ(ドイツ)選手と、D・ギュルタ(ハンガリー)選手です。

 

 

まとめ

 

前述したように、今大会の競泳陣は、ロンドンのメダル獲得数を下回る予想です。

 

だからこそ、今大会はメダルの色にこだわって、前述の4選手で金メダル合計4個をぜひ実現してもらいたいです。

 

そして、競泳陣のなかには「2回目のオリンピック」組が相当数居ますので、その経験から、爆発的な記録&結果も期待できるのでは...と密かに期待しています。

 

競泳選手のみなさん、応援しています♬

 

関連記事⇒